産経ニュース

ロシア、北方領土の分与法案が越年に 来年5月施行目指す、地元民優先など盛り込み

ニュース 国際

記事詳細

更新


ロシア、北方領土の分与法案が越年に 来年5月施行目指す、地元民優先など盛り込み

 【モスクワ=遠藤良介】ロシア政府が、不法占拠する日本の北方領土を含め、極東の遊休地を自国民に無償分与する法案を準備している問題で、この法案は23日に閉会した下院の秋会期を通過せず、越年することが確定した。

 法案はすでに下院の第1読会(本会議)で可決されたが、土地分与では地元住民を優先するといった修正を盛り込むため、最終的な採決は持ち越された。政府は来年5月の新法施行を予定している。

 法案は、極東への移住促進や地域振興を目的に、国や自治体に属する遊休地を希望者に1ヘクタールずつ分与する内容。選定できる区画は、近隣居住区が人口5万人以上であれば最低10キロ、人口30万人以上であれば20キロ離れた場所とされる。露政府は、極東連邦管区が事実上管轄する北方四島にも適用する方針で、新法が成立すれば北方領土返還交渉が複雑化するのは必至だ。

 露政府は当初、来年1月からの制度運用を計画したが、地元住民が区画を優先的に選択できるとする修正を法案に加え、土地取得希望者への特恵的な住宅ローン制度を合わせて準備することにした。露下院では通常、3度の読会で法案が採決され、上院へ送られる。

「ニュース」のランキング