産経ニュース

「南京大虐殺の証拠ないと発信を」歴史捏造を正す国民会議が集会

ニュース 国際

記事詳細

更新


「南京大虐殺の証拠ないと発信を」歴史捏造を正す国民会議が集会

「南京大虐殺」の歴史捏造を正す国民大集会で講演する渡部昇一氏=28日、東京都千代田区(荻窪佳撮影)

 中国が申請した「南京大虐殺文書」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)記憶遺産に登録されたことを受け、有識者らでつくる「『南京大虐殺』の歴史捏造(ねつぞう)を正す国民会議」は28日、東京都内で集会を開いた。参加者からは、虐殺の証拠が存在しないことを政府が対外発信するよう求める声が相次いだ。

 同会議議長の渡部昇一上智大名誉教授は「組織的な虐殺はあり得なかったと断言できる」と指摘。民主党の松原仁・元国家公安委員長は、日本兵と談笑しながら帰宅する女性の表情が修正されて強制連行の写真として利用されていることなどを紹介し、「証拠は存在しない」と強調した。

 山田宏・元次世代の党幹事長は「国が責任を持って国際社会で発言してほしい」と述べるとともに、大虐殺があったとの誤解を国内に広める連載記事を書いた朝日新聞の本多勝一記者(当時)の国会招致を求めた。

このニュースの写真

  • 「南京大虐殺の証拠ないと発信を」歴史捏造を正す国民会議が集会
  • 「南京大虐殺の証拠ないと発信を」歴史捏造を正す国民会議が集会
  • 「南京大虐殺の証拠ないと発信を」歴史捏造を正す国民会議が集会

関連ニュース

中国版「アンネの日記」こそが南京大虐殺がなかった証拠だ! 藤岡信勝(拓殖大客員教授)

「ニュース」のランキング