産経ニュース

中国軍が30万人“リストラ”へ、再就職険しく 習主席が近代化改革を表明 

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国軍が30万人“リストラ”へ、再就職険しく 習主席が近代化改革を表明 

北京で開かれた軍事パレードで、天安門前を行進する中国人民解放軍兵士=9月(共同)

 【北京=矢板明夫】27日付の中国人民解放軍の機関紙、解放軍報などによると、中国の習近平国家主席(中央軍事委員会主席兼務)は26日の軍の重要会議で、人民解放軍の管轄区「軍区」を統合し「戦区」に再編することなどを柱とする大規模改革を実施する方針を表明した。軍の近代化を推進するとともに、新しい人材を積極的に登用し軍の掌握を進めたい狙いがあるとみられる。一連の軍改革は2020年までに完成することを目指している。

 同紙によれば、北京で開かれていた中央軍事委員会改革工作会議で同方針が発表された。基調講演を行った習主席は「人数や規模を重視する軍隊から質、効率を重視する軍隊への転換を推進する」と強調した。東シナ海と南シナ海で米国や東南アジアとの緊張が高まっていることを念頭に、陸軍を中心とした現在の軍構成を改め、海、空軍の戦闘力も強化。陸、海、空に戦略ミサイル部隊の第2砲兵も加えて4つの軍の指揮系統を一本化し、「統合作戦指揮部」を創設することも明らかになった。

このニュースの写真

  • 中国軍が30万人“リストラ”へ、再就職険しく 習主席が近代化改革を表明 
  • 中国軍が30万人“リストラ”へ、再就職険しく 習主席が近代化改革を表明 

「ニュース」のランキング