産経ニュース

韓国検察、元慰安婦の名誉毀損で大学教授を在宅起訴 「売春婦」の表現で

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国検察、元慰安婦の名誉毀損で大学教授を在宅起訴 「売春婦」の表現で

朴裕河・世宗大教授

 【ソウル=名村隆寛】韓国のソウル東部地検は19日までに、慰安婦問題の学術研究書「帝国の慰安婦-植民地支配と記憶の闘い」で慰安婦を「売春婦」などと表現し、元慰安婦の女性の名誉を毀損したとして、著者の朴(パク)裕河(ユハ)世宗大教授を在宅起訴した。

 朴氏が同書で慰安婦を「自発的な売春婦」「日本軍と同志的関係にあった」などと書き、侮辱したとして、昨年6月に元慰安婦らが刑事告訴していた。検察では、「元慰安婦は性奴隷同様の被害者で、日本軍に自主的に協力したわけではない」とし、「虚偽の内容で被害者の名誉を毀損した」としている。

このニュースの写真

  • 韓国検察、元慰安婦の名誉毀損で大学教授を在宅起訴 「売春婦」の表現で

関連ニュース

【歴史戦】韓国の元慰安婦が激白「信じられるのは鳩山さんだけ」「安倍首相は私たちに直接許しを請え。続く首相も代々同じ…」

「ニュース」のランキング