産経ニュース

【パリ同時多発テロ】バタクラン劇場の惨劇明らかに… 「死体の山を登った」「ショーの演出かと思った」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【パリ同時多発テロ】
バタクラン劇場の惨劇明らかに… 「死体の山を登った」「ショーの演出かと思った」

 バタクラン劇場近くで負傷者の手当てをする救助隊員=13日、パリ(ロイター=共同)

 【パリ=森浩】パリ同時多発テロで約90人が死亡する最大の被害となったパリ中心部のバタクラン劇場。時間が経過するにつれ、被害の詳細が判明してきた。「演出かと思った」「死体の山を登って脱出した」。パリの若者は一度は行ったことのある有名劇場。メタルバンドへの歓声は一瞬で血と叫び声に変わった。

 産経新聞の取材や英BBC放送などによると、バタクラン劇場では、13日午後9時ごろから米メタルバンド「イーグルス・オブ・デスメタル」のライブが始まった。開始30~40分後に惨劇は起きた。

 ステージ後方の2つの扉からライフル「カラシニコフ」を持った4人の男たちが侵入。そのままステージ方向まで歩き観客に向けて銃を発射した。シャツにジーンズというラフなスタイルだったという。ある被害者は、「ショーの一部かと思った」と話している。しかし、その銃器は本物で次々と観客は倒れていった。

 群衆は前方方向にある非常ドアに向かって殺到し、会場内はパニック状態となったという。多くの人はその場に伏せたが、犯人たちはその観客たちに無差別に銃弾を浴びせていった。

 その様子をある観客は「家畜を殺戮(さつりく)するようだった」「人を殺す機械のようだった」と表現。観客の1人は「外に出るのに死体を登らなくてはならなかった」とBBCの取材に答えている。

 その後、警察官隊との銃撃戦となり、犯人たちは射殺。犯人たちは「責任はおまえたちにある」「シリアの兄弟の報復」と口走っていたという。

 観客が逃げる様子を外で見ていたフランス人の女性(30)は「みなの恐怖の顔色が普通ではなかったので、火事ではないもっと重大な何かだと一瞬で分かった」と振り返る。

このニュースの写真

  • バタクラン劇場の惨劇明らかに… 「死体の山を登った」「ショーの演出かと思った」
  • バタクラン劇場の惨劇明らかに… 「死体の山を登った」「ショーの演出かと思った」

「ニュース」のランキング