産経ニュース

【歴史戦】慰安婦像撤去、韓国が応じない意向「民間が自発的に設置」と放置

ニュース 国際

記事詳細

更新

【歴史戦】
慰安婦像撤去、韓国が応じない意向「民間が自発的に設置」と放置

ソウルの日本大使館前にある慰安婦問題を象徴する少女像(共同)

 韓国外務省報道官は12日、ソウルの日本大使館前にある慰安婦問題を象徴する少女像の撤去を日本側が求めていることに対し「被害者が受け入れ可能で、韓国国民、さらには国際社会が納得できる解決策を日本が先に提示すべきで、順序が違う」と述べ、応じない意向を示した。

 像は2011年12月、元慰安婦らの支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)が設置。報道官は「民間が自発的に設置したものだ」とし、政府として関知しないとの認識も示した。

 日本政府は、外国公館の品位を維持する義務を定めた「外交関係に関するウィーン条約」に違反しているとして、かねて撤去を要求。聯合ニュースによると、11日の日韓外務省局長級協議でも撤去を求めたが、韓国側は「問題が解決されていれば像は設置されていない」と反論した。(共同)

関連ニュース

【歴史戦】中韓2体の「慰安婦像」をソウルに設置 共同で序幕式「連帯」強調 

「ニュース」のランキング