産経ニュース

中国がメルケル独首相を“爆買い”で歓待 エアバス130機購入

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国がメルケル独首相を“爆買い”で歓待 エアバス130機購入

 【北京=川越一】中国の李克強首相は29日、北京の人民大会堂でドイツのメルケル首相と会談した。中独は欧州航空機大手エアバスの旅客機130機の売買契約を締結。11月2日にはフランスのオランド大統領が訪中する予定で、欧州主要国首脳の中国詣でが活発化する中、中国側が“爆買い”で歓待している。

 中国国営新華社通信によると、李氏は「我々はドイツから進んだ技術と発想を学ぶ必要がある」と持ち上げ、「中国はドイツにとって巨大な市場になる」と述べた。その言葉を裏付けるように、中国の航空会社はエアバス「A330」30機と「A320」100機を購入。総額約170億ドル(約2兆円)に上る大型契約だ。

 両者は中独企業による長江の大規模ダム建設計画などの協力事業に合意したほか、中国が主導して年内に設立するアジアインフラ投資銀行(AIIB)や、人民元の国際化などについて話し合った。メルケル氏は会談後、「中国経済の発展を信頼している」と強調。中国と欧州連合(EU)の自由貿易協定(FTA)の前提となる投資協定を2016年に締結する意向を示した。

 メルケル氏の訪中は昨年7月以来で、8度目を数える。「戦略的協力パートナーシップ」の強化で中国側と一致しているドイツだが、今回の訪中は、先の習近平国家主席の訪英で、英国が総額400億ポンド(約7兆4千億円)の契約を結んだことに刺激された可能性が指摘されている。

 中国の国際情報紙、環球時報は27日付の社説で、英仏独との関係強化を通じて、「米国と日本の中国牽制(けんせい)と圧迫を相殺できる」と主張。独仏首脳が中国に参ずる状況からは、中国国内で「ばらまき外交」と批判された習氏の訪英の、隠れた狙いがうかがえる。

「ニュース」のランキング