産経ニュース

【本紙前ソウル支局長公判】被告人質問の主なやり取り 「大統領は公人中の公人」「大統領が強い処罰求めていると初めて聞いた」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【本紙前ソウル支局長公判】
被告人質問の主なやり取り 「大統領は公人中の公人」「大統領が強い処罰求めていると初めて聞いた」

ソウル中央地裁に入る加藤達也前ソウル支局長 =19日、韓国・ソウル (大西正純撮影)

 19日にソウル中央地裁で行われた公判で、加藤達也・本紙前ソウル支局長に対する被告人質問の主なやり取りは以下の通り。

 -弁護側 朴槿恵(パク・クネ)大統領の噂を取り上げたコラムの目的は

 「大統領や首相は公人中の公人。日本の国民はその朴大統領に非常に関心をもっている」

 「重大な関心事である朴大統領の情報を分析し、解説するという公益性のために書いたものだ」

 -弁護側 真偽不明の噂をコラムで取り上げたのは

 「(噂に関するコラムを掲載した)韓国最大部数の朝鮮日報の信頼性に依拠した」

 -弁護側 噂について裏付け取材をしたか 「証券会社の顧問や元検事らが集まる勉強会で噂について聞いたことがある。噂に関する朝鮮日報のコラムを読んだ後、元検事らに会って改めて話を聞いた」

 -検察側 問題の記事以降、大統領の所在をめぐる国会でのやり取りを、なぜ報じなかったのか

「ニュース」のランキング