産経ニュース

【緯度経度】歴史好き韓国人 「19世紀回顧」が盛んなワケ ソウル・黒田勝弘

ニュース 国際

記事詳細

更新

【緯度経度】
歴史好き韓国人 「19世紀回顧」が盛んなワケ ソウル・黒田勝弘

 韓国で近代史回顧が盛んだ。最近の朝鮮半島をめぐる国際情勢が19世紀末から20世紀初めにかけての時代によく似ているというのだ。歴史は繰り返される?

 韓国人は「歴史まみれ」といわれるように歴史が大好きだ。現在や未来を過去になぞらえてあれこれ議論することを好む。しかし過去はすでに結論が出ているわけだから、現在や未来を「歴史は繰り返す」式に語るのは楽だ。したがって歴史談議というのは楽で安易なことでもある。

 19世紀回顧がはやっているのは、朴槿恵(パク・クネ)政権下で対中国接近が目立つからだ。安倍晋三政権下の日本も安保法制などで対外影響力の拡大を目指しているようにみえる。そして大きな背景として中国の台頭による米中対立の展望が加わる。

 朴大統領の中国・抗日戦勝70周年記念行事参加の後、歴史回顧はいっそう盛んで、中国への警戒心も結構ある。マスコミ論評では「朴大統領の訪中成果は過大評価されている」(東亜日報9月18日、千英宇・元大統領外交安保首席秘書官)や「中国は韓国の統一を望まない」(朝鮮日報9月15日、金大中論説顧問)など朴大統領の対中外交に手厳しい。

 歴史回顧とは保守派(右派)の場合はこうだ。

「ニュース」のランキング