産経ニュース

【北朝鮮砲撃】応戦論高まる韓国 朴大統領「断固対応」 内陸部狙った挑発に緊迫感

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮砲撃】
応戦論高まる韓国 朴大統領「断固対応」 内陸部狙った挑発に緊迫感

軍部隊を訪問した韓国の朴槿恵大統領=21日、ソウル郊外(聯合=共同)

 【ソウル=名村隆寛】朝鮮半島の軍事境界線を挟んだ南北双方による砲撃で、朴槿恵(パク・クネ)大統領は21日、徹底した対応を改めて言明した。2010年11月の延坪島(ヨンピョンド)への砲撃以来約5年ぶりの北朝鮮からの砲撃に、韓国メディアや世論は「挑発への反撃」を声高に主張するなど、緊迫感が高まりつつある。

 砲撃から一夜明けた21日、韓国紙は「地雷埋設に砲撃までした北朝鮮は許せない」(京郷新聞)、「北の挑発の習性に終止符を打つべきだ」(朝鮮日報)、「容赦なく対応する断固たる姿勢を」(東亜日報)などと、多くが北朝鮮による砲撃を非難し、挑発への応戦を訴えた。

 「国民の不便や犠牲を覚悟してでも対応すべきだ」といった「主戦論」も飛び出す中、ソウルではこの日、上空を軍用ヘリが何機も断続的に飛行するなど、米韓連合軍の警戒態勢は確実に強まっている。

このニュースの写真

  • 応戦論高まる韓国 朴大統領「断固対応」 内陸部狙った挑発に緊迫感

「ニュース」のランキング