産経ニュース

【中国・天津倉庫爆発】近くの川で魚が大量死 倉庫に7種の国際危険物約2500トン、許可なく管理か

ニュース 国際

記事詳細

更新

【中国・天津倉庫爆発】
近くの川で魚が大量死 倉庫に7種の国際危険物約2500トン、許可なく管理か

20日、中国天津市浜海新区の川で見つかった、大量死した魚(共同)

 【北京=矢板明夫】中国の天津市で起きた大規模爆発現場から約6キロ離れた同市浜海新区の川で20日、魚が大量死しているのが見つかった。対策本部は爆発で周囲に飛び散った有毒化学物質が地下水を汚染したことが原因の可能性もあるとみて、すでに専門家チームを派遣し、調査を始めた。中国の大手ニュースサイト、捜狐などが伝えた。

 また、中国紙、中国経営報(電子版)などによれば、爆発が起きた危険物専用倉庫には、国際的に流通が規制される9種の危険物のうち、放射性物質などを除く7種類が保管され、総量は約2500トンに達したという。現場からとったサンプルを調べた国務院の危険物専門家チームのメンバーが明らかにした。

 国連は国際輸送に関わる危険物リストに、毒物類や引火性液体を列挙。天津市の政府関係者は「倉庫を所有する会社が、許可されていない危険物を保管していた可能性もある。これから調べる」と話している。

 爆発で吹き飛ばされた倉庫の跡地には直径約100メートルの穴ができ、約50トンの汚水がたまっている。そこから最大で基準値の800倍のシアン化合物が検出されている。

このニュースの写真

  • 近くの川で魚が大量死 倉庫に7種の国際危険物約2500トン、許可なく管理か
  • 近くの川で魚が大量死 倉庫に7種の国際危険物約2500トン、許可なく管理か
  • 近くの川で魚が大量死 倉庫に7種の国際危険物約2500トン、許可なく管理か

「ニュース」のランキング