産経ニュース

【中国・天津倉庫爆発】神経ガスの成分、爆発現場付近で検出

ニュース 国際

記事詳細

更新

【中国・天津倉庫爆発】
神経ガスの成分、爆発現場付近で検出

中国天津市の大規模爆発の現場=18日(共同)

 【北京=矢板明夫】中国・天津での大規模爆発で、国営中央テレビ(CCTV)は17日夜、現場に出動した消防幹部の話として、爆発の起きた付近の大気から化学兵器のひとつ、神経ガスの成分が検出されたと伝えた。

 検出された神経ガスの詳細は明らかでない。現場の倉庫には、猛毒のシアン化ナトリウムが約700トン保管されていたことを当局が確認。報道では成分が周辺の下水道から検出されるなど、環境への放出が確実とみられ、防護装備を備えた中国軍の化学専門部隊が投入されていた。

 香港紙、文匯報(電子版)によると、北京公安消防総隊の幹部は、「シアン化ナトリウムと神経ガスの2種類の有毒な気体が前日に続き検知されている。指標としては最高の値だ」と語った。

 CCTVは、北京化工大学の化学専門家の話として、神経性ガスを一定濃度で吸い込むと、呼吸困難や心臓停止が起こり、死に至る場合もあると伝えた。

 検出された神経性ガスは、爆発が起きた倉庫に保管された化学物質が熱、または水に反応した際に発生したものとみられる。CCTVは、「倉庫に保管された危険な化学製品の種類と量はともに想像を超えており、全容を把握できていない。予想できない危険はまだ沢山ある」としている。

このニュースの写真

  • 神経ガスの成分、爆発現場付近で検出
  • 神経ガスの成分、爆発現場付近で検出
  • 神経ガスの成分、爆発現場付近で検出
  • 神経ガスの成分、爆発現場付近で検出
  • 神経ガスの成分、爆発現場付近で検出
  • 神経ガスの成分、爆発現場付近で検出
  • 神経ガスの成分、爆発現場付近で検出
  • 神経ガスの成分、爆発現場付近で検出

「ニュース」のランキング