産経ニュース

ロシア、「日本の立場考慮するつもりはない」 北方領土への閣僚渡航は「今度も続く」 

ニュース 国際

記事詳細

更新


ロシア、「日本の立場考慮するつもりはない」 北方領土への閣僚渡航は「今度も続く」 

北方領土・択捉島のフォーラムで講演し質疑に応答するロシアのトルトネフ副首相(右)=14日(共同)

 【モスクワ=遠藤良介】ロシア閣僚の相次ぐ北方領土渡航に日本政府が抗議しているのを受け、露外務省は14日、「閣僚の日程調整で日本の立場を考慮するつもりはない」とする声明を発表した。

 声明は、日本の抗議を「受け入れられない」とし、閣僚の渡航が今後も「続くだろう」と記している。また、「(北方領土に関する)根拠のない要求を流布する日本は、第2次大戦の結果を公然と無視している」と主張した。

 北方領土の択捉島では青年向けの“愛国イベント”が開催されており、13日には、露極東での大統領全権代表を兼ねるトルトネフ副首相が現地入りした。メドベージェフ首相や他の閣僚のイベント出席も計画されている。

「ニュース」のランキング