産経ニュース

【歴史戦】「慰安婦は性奴隷ではない」…真実訴えて欧州行脚、民間団体が「風」起こす

ニュース 国際

記事詳細

更新

【歴史戦】
「慰安婦は性奴隷ではない」…真実訴えて欧州行脚、民間団体が「風」起こす

ジュネーブの国連代表部で行われたイベント「ジャパノロジー」で7月27日、会場の外に展示された「慰安婦は性の奴隷ではない」と訴えた英文のパネルをみる人たち。このあと、会場内に撤去するよう要請された

 慰安婦問題などの真実を世界に伝えようと、日本の複数の民間団体が合同で今年7月、欧州行脚に挑んだ。ジュネーブの国連代表部では「慰安婦は性奴隷ではない」と訴え、パリでは、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録が検討されている南京事件と慰安婦の関連資料への反論書簡を提出した。参加者は1週間、足がかりのない欧州で活動の難しさを感じながらも、今後への感触をつかんだようだ。(パリ 内藤泰朗、写真も)

 「準備は大変だったが、外国人を含め、民間のいろいろな方々の協力があって実現できた」。企画のまとめ役となった日本女性の民間団体「なでしこアクション」の山本優美子代表は、こう語った。

 実は、山本代表らの欧州行脚は初めてではない。昨夏、国連の自由権規約委員会による対日審査に関連して、国連代表部を初めて訪ねた。だが、国連のしきたりを知らず、慰安婦問題については委員の机の上に資料を置くのがやっとで、関連イベントでは何も訴えることはできなかった。日本の別の民間団体が企画したイベント会場に入れないという屈辱も経験。「今回はそのリベンジ」(参加者)だったのだ。

 参加したのは、5団体計20人。慰安婦を日本の「犯罪」による被害者だと指摘してきた国連女子差別撤廃委員会の第63回準備会合の場で、「慰安婦は性奴隷ではない」との主張を初めて展開した。

このニュースの写真

  • 「慰安婦は性奴隷ではない」…真実訴えて欧州行脚、民間団体が「風」起こす
  • 「慰安婦は性奴隷ではない」…真実訴えて欧州行脚、民間団体が「風」起こす
  • 「慰安婦は性奴隷ではない」…真実訴えて欧州行脚、民間団体が「風」起こす

「ニュース」のランキング