産経ニュース

WWE解雇のハルク・ホーガン 娘と黒人男性との交際が不満で人種差別発言か 

ニュース 国際

記事詳細

更新


WWE解雇のハルク・ホーガン 娘と黒人男性との交際が不満で人種差別発言か 

 【ニューヨーク=黒沢潤】米大手プロレス団体WWEは24日、看板レスラーの一人で新日本プロレスでの参戦経験もあるハルク・ホーガン(61)を解雇したと発表した。米メディアは、ホーガンがかつて人種差別発言をしていたことが理由と報じている。

 米紙ナショナル・エンクワイアラーなどによれば、ホーガンは8年前、娘で歌手のブルック・ホーガンさんが黒人男性と付き合っていることに不満を述べた会話の中で、黒人への差別用語である「ニガー」を使用していたという。

 WWEはこの指摘を受け、「われわれの従業員やレスラー、世界のファンもそうであるように、WWEはあらゆる出自の個人を受け入れ、称賛してきた」との声明を発表。また、ホーガンに関する記述をウェブサイトから削除するとともに、過去のビデオや関連グッズを販売停止とした。

 ホーガンはこれに対し、米誌ピープル上で「こうした攻撃的な言葉を使うのは(社会的に)受け入れられないことだ。言い訳の余地もなく、謝罪したい」とする声明を発表した。また、WWEから解雇されたのではなく、自主的に脱退したのだと強調した。

 一方、ブルックさんはフェイスブック上で「私の父親を知っている人ならば、優しい心の持ち主だということを知っているだろう」と訴え、父親を擁護した。

「ニュース」のランキング