産経ニュース

昭和40~50年代に集中する電話関係者の失踪 特定失踪者、背景には何が

ニュース 国際

記事詳細

更新


昭和40~50年代に集中する電話関係者の失踪 特定失踪者、背景には何が

 特定失踪者問題調査会の調べでは、今回の現地調査の対象となった加藤八重子さんを含め、電話関係の仕事をしていたり、資格を持っていたりした拉致被害者や特定失踪者は10人に上っている。そのうち9人に関しては昭和40~50年代に行方不明になった。特定の年代に集中している電話関係者の失踪は何を意味しているのか。

 加藤さんと同じ53年の8月12日、鹿児島県日置市の吹上浜で北朝鮮工作員によって連れ去られた政府認定の拉致被害者、市川修一さん(60)=拉致当時(23)=は電電公社で事務の仕事をしていた。

 市川さんは交際していた増元るみ子さん(61)=同(24)=とともに拉致された。53年の7、8月にアベックを狙った拉致事件が相次ぎ、2人の拉致もアベック拉致とされている。だが、市川さんが北朝鮮に拉致されたままとなっているため、狙われた理由が電話関係の仕事をしていたためなのか、アベックだったためなのかは完全には分かっていない。

 10人に上る電話関係の拉致被害者や特定失踪者のうち、消息を絶った時期が最も早いのは42年。その後44、45、47、49年と続き、58年でいったん電話関係者の失踪は途切れる。

「ニュース」のランキング