産経ニュース

【世界遺産登録】韓国メディア「日本に“逆転判定勝ち”」と韓国外交評価の声相次ぐ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【世界遺産登録】
韓国メディア「日本に“逆転判定勝ち”」と韓国外交評価の声相次ぐ

 【ソウル=藤本欣也】「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録が韓国の主張に配慮する形で決定したことについて、韓国では6日、「日本に“逆転判定勝ち”」(中央日報)などと韓国外交を評価する記事が目立った。

 「日帝の強制労役・動員、日本が国際舞台で初認定」(朝鮮日報)

 「日本政府、“朝鮮人強制労役”初公式認定」(東亜日報)

 6日付の主要各紙は、日韓の間で最後まで調整が難航した「強制徴用」の表現に関し、韓国政府側の解釈に従った見出しを付けた。

 各紙は「強制労働を意味しない」という岸田文雄外相の発言について批判的に報道。日本側が「情報センター」を設置する意向を示したことに関しても、「(日本が)誠意ある態度を取るのか懸念が増している」(文化日報)と伝えた。

 ただ、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が登録決定直後に「今回の問題が対話を通じて円満に解決されたことを機に、両国関係が循環よく発展していくことを期待する」とコメントしたように、韓国政府としては「韓日間の解釈をめぐる摩擦」(聯合ニュース)が拡大するのは避けたいのが本音。日韓首脳会談の早期開催など、朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪米に向けた環境整備を進めていくとみられる。

 こうした中、ボンで登録の反対運動を行っていた韓国の市民団体は6日、「徴用施設の世界遺産登録は(韓国の)外交的屈辱だ」と主張、阻止できなかった韓国政府を批判している。

「ニュース」のランキング