産経ニュース

「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録、 日韓でなお調整続く

ニュース 国際

記事詳細

更新


「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録、 日韓でなお調整続く

 【ソウル=藤本欣也】「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録をめぐり日韓両政府の調整がまだ続いていることが3日、分かった。韓国大統領府の朱(チュ)鉄(チョル)基(ギ)外交安保首席秘書官が同日の国会運営委員会で、「最後の過程で少し困難なことが起き、両国間で調整が続いている」と明らかにした。

 詳細は不明だが、聯合ニュースによると、世界遺産委員会で登録を審査する前後に韓国側が行う意見陳述をめぐり、日本側が事前調整を要求、韓国側が難色を示しているという。

 意見陳述は同委員会メンバー国の権利として認められているが、聯合ニュースは「日本側は強制労働などに関連して韓国側がどう表現するかに敏感になっている」との見方を伝えている。

 杉山晋輔外務審議官が今月1、2の両日、ソウルで金(キム)●(=火へんに共)(ホン)均(ギュン)外務次官補らと非公式協議を行っている。

「ニュース」のランキング