産経ニュース

【九州から原発が消えてよいのか】第10部(3)中国から輸入? 悪い冗談に現実味/“非科学的”な規制委の態度、いなくなる技術者

ニュース 国際

記事詳細

更新

【九州から原発が消えてよいのか】
第10部(3)中国から輸入? 悪い冗談に現実味/“非科学的”な規制委の態度、いなくなる技術者

運転停止に追い込まれた近畿大の原子炉=大阪府東大阪市(甘利慈撮影)運転停止に追い込まれた近畿大の原子炉=大阪府東大阪市(甘利慈撮影)

 出力1ワット。日本の原子力研究と人材育成に半世紀にわたって重要な役割を担ってきた原子炉が昨年2月5日、停止した。蛍光灯すら点灯できない原子炉に、原子力規制委員会が、出力何十万キロワットという商用原発と同様に、安全対策を求めたからだった。

 この小さな原子炉は、近畿大の原子力研究所(大阪府東大阪市)にある。炉は円柱状で直径4メートル、高さ2メートル。起動から核分裂反応が連続する臨界、そして停止という一連の作業を実習できる。九州大や大阪大の学生も含め、年間約200人の学生がここで学ぶ。

 その原子炉に平成25年12月、原子力規制委員会が、非科学的としか言いようがない方針を示した。

 商用原発と同様に、地震や竜巻、周辺の化学工場の爆発、飛行機の落下に至るまで多岐にわたるリスクを想定して、安全性を証明するよう求めた。

 「原子炉といっても、豆電球ほどの熱も出ないんですよ。当然、核燃料が溶け落ちるメルトダウンも、絶対に起きない」

 近大原子力研究所所長の伊藤哲夫はこう語る。

「ニュース」のランキング