産経ニュース

中国、世界文化遺産登録に反対表明 日本の申請は「強制労働を見て見ぬふり」 韓国との共闘姿勢鮮明に

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国、世界文化遺産登録に反対表明 日本の申請は「強制労働を見て見ぬふり」 韓国との共闘姿勢鮮明に

14日、北京の中国外務省で記者会見する華春瑩副報道局長(共同)

 【北京=川越一】中国外務省の華春瑩報道官は14日の定例会見で、日本政府が「明治日本の産業革命遺産」の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録を目指していることに対し、「世界遺産申請は、平和を促進するというユネスコと世界遺産条約の趣旨と精神に符合しなければならない」と反発した。

 華報道官は、第二次大戦中、申請施設で中国や朝鮮半島などから強制徴用された労働者が苦役を強いられたとし、「日本の軍国主義による重大な犯罪だ」と強調した。

 その上で華報道官は、日本の申請を「強制労働を見て見ぬふりをするものだ」と批判。韓国が登録勧告に反対を表明した際、「植民地支配の歴史を美化するべきではない」と同調したのに続き、「中国は韓国と同様に重大な関心を持っている」と述べ、韓国との共闘姿勢を鮮明にした。

 華報道官はまた、日本政府から被害者に対する責任ある回答と解決策が示されていないと主張。登録の可否を最終判断する世界遺産委員会にも「責任ある方式での処理」を求めた。

「ニュース」のランキング