産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国国会、安倍首相の糾弾決議案を採択

歴史問題に絡む安倍首相の言動を糾弾する決議を、出席議員全員の賛成で採択した韓国国会=12日、ソウル(聯合=共同)

 韓国の国会は12日の本会議で、「侵略の歴史と慰安婦に対して反省がない」として安倍晋三首相を糾弾する決議案を全会一致で採択した。決議案は、米上下両院合同会議での演説などで安倍首相が「侵略と植民支配、慰安婦問題に言及せず、人身売買といった表現で問題の本質をごまかそうとしている」と強く非難。靖国神社への参拝や集団的自衛権行使、竹島領有権の主張などを「非常識行動」と断定し、「韓日関係に否定的影響を及ぼすおそれがある」と警告した。(ソウル 名村隆寛)

「ニュース」のランキング