産経ニュース

帰国の朴槿恵大統領、胃けいれんで絶対安静 韓国首相が正式に辞任 

ニュース 国際

記事詳細

更新


帰国の朴槿恵大統領、胃けいれんで絶対安静 韓国首相が正式に辞任 

南米歴訪を終え、帰国した韓国の朴槿恵大統領=27日、ソウル空港(聯合=共同)

 【ソウル=名村隆寛】韓国の朴槿恵(朴槿恵(パク・クネ)大統領は27日、中南米歴訪から帰国し、裏金疑惑のため辞意を表明していた李完九(イ・ワング)首相の辞表を受理した。李氏は同日、正式に辞任した。

 李氏は、横領疑惑で自殺した与党セヌリ党前議員の成完鍾(ソン・ワンジョン)京南企業前会長から、2013年4月の国会議員補選で3000万ウォン(約330万円)を受け取った疑惑がもたれている。

 疑惑を否定していた李氏だが、世論が悪化し国政運営は混乱。李氏は朴大統領の外遊中の20日に辞意を表明し、首相業務からは外れていた。

 一方、朴大統領は帰国後の健康診断の結果、慢性疲労による胃けいれんと、いん頭炎の症状がみられた。非常によくない健康状態で、1、2日の絶対安静が必要という。28日の閣議にも出席は見込めず、崔●(=日の下に火)煥(チェ・ギョンファン)経済副首相兼企画財政相が閣議を主宰するという。

「ニュース」のランキング