産経ニュース

大統領の弟逮捕 スリランカ、前政権の汚職追及 別の弟も調査

ニュース 国際

記事詳細

更新


大統領の弟逮捕 スリランカ、前政権の汚職追及 別の弟も調査

 【ニューデリー=岩田智雄】スリランカのシリセナ新政権がマヒンダ・ラジャパクサ前大統領とその兄弟への汚職追及を強めている。22日には、警察が前大統領の弟、バシル・ラジャパクサ前経済開発相を公金着服の疑いで逮捕した。前大統領本人や別の弟、ゴタバヤ・ラジャパクサ前国防次官についても汚職対策委員会が調査を進めている。

 現地からの報道などによると、バシル氏は、自身が所管していた農村開発局の予算を着服し、ラジャパクサ前大統領の選挙運動資金に使った疑いが持たれている。同省の次官ら幹部2人も逮捕された。

 バシル氏は今年1月の大統領選の直後、国籍を持つ米国にわたっていたが、最近、捜査当局の求めに応じて帰国していた。

 ゴタバヤ氏は航空機や武器の購入にからんで、賄賂を受け取っていた疑いが持たれている。シリセナ政権が発足させた汚職対策委員会に23日に召喚され、事情聴取を受けた。

 ラジャパクサ氏は、大統領選で公示後に野党対立候補を与党にくら替えさせた見返りに、閣僚ポストを与えたことが汚職に当たるとされている。24日に汚職対策委に呼び出されていたが、ラジャパクサ派議員が議会で抗議の座り込みを行い審議が空転したため、汚職対策委側が今後、ラジャパクサ氏を自宅に訪ねて事情を聴くことになった。

「ニュース」のランキング