産経ニュース

中パ経済回廊に450億ドル 習氏が初訪問、対テロでも協力

ニュース 国際

記事詳細

更新


中パ経済回廊に450億ドル 習氏が初訪問、対テロでも協力

20日、イスラマバードに到着し、出迎えたパキスタンのシャリフ首相(右)と握手する中国の習近平国家主席 (ロイター)

 【ニューデリー=岩田智雄】中国の習近平国家主席は20日、パキスタンを初訪問し、同国の首都イスラマバードでシャリフ首相と会談した。「中パ経済回廊」を整備する計450億ドル(約5兆4千億円)の事業に対する中国の支援・投資などに向けて両国は51項目の合意文書に調印した。中国国内でテロを繰り返すイスラム過激組織をパキスタンに潜伏させないよう、協力を継続することをうたった共同声明を発表した。

 共同声明では、中国からの投資額は明らかにされなかったが、パキスタン政府の発表によれば、280億ドル分の事業についてはただちに着手し、中国は発電部門に計370億ドルを投資するという。

 経済回廊は、中国・新疆ウイグル自治区カシュガルからパキスタン南西部グワダル港までの約3千キロに沿う地域。中国は道路、鉄道、工業地帯などのインフラ建設に支援、投資し、印パ両国が領有権を争うカシミール地方を縦断するカラコルム・ハイウエーやグワダル港を開発する。

 戦略的な拠点であるグワダル港には、新空港を建設する計画もあり、中パ両国は陸海空で連結性を高める。中国はインド洋への玄関口を得ることになり、パキスタンは経済開発の足がかりをつかむことができる。

このニュースの写真

  • 中パ経済回廊に450億ドル 習氏が初訪問、対テロでも協力

「ニュース」のランキング