産経ニュース

【本紙前ソウル支局長出国禁止解除】ぎりぎりの段階で常識的対応 往復書簡交わした作家、佐藤優氏

ニュース 国際

記事詳細

更新

【本紙前ソウル支局長出国禁止解除】
ぎりぎりの段階で常識的対応 往復書簡交わした作家、佐藤優氏

佐藤優氏(大里直也撮影)

 出国禁止措置の解除は遅きに失した感はあるが、韓国政府としてもぎりぎりの段階で常識的な対応をしたということだろう。異常な状態が正常に戻ったという一点で、今回の韓国政府の対応は評価できる。

 真相は闇の中だが、韓国政府の政策意思決定につながる誰かが「このあたりにしておいた方がいいのではないか」と考えたことが、今回の出国禁止措置の解除に影響したのではないか。

 今回の問題で産経新聞は組織として、しっかり筋を通し、加藤達也前支局長はジャーナリストとしての矜持(きょうじ)を持って対応した。日本政府も外交問題として韓国政府に抗議した。日本の報道機関も左右関係なく、メディア全体の問題として考えて報道し、日本のメディアの健全性を示した。

 外国に長くいると、その国の理解者となる。加藤前支局長も日本と韓国の架け橋となって韓国に日本を伝え、日本に韓国を紹介していた。その加藤前支局長が在宅起訴され、出国禁止になったことは私の心を動かし、産経新聞に加藤前支局長との往復書簡を掲載した。われわれの総力を合わせ、8カ月にして加藤前支局長が自由の身となった。日本全体の勝利といってもいいだろう。

「ニュース」のランキング