産経ニュース

【チュニジア襲撃テロ】「最後までテロとの戦争を戦い抜く」 チュニジア大統領 邦人3人死亡と日本政府確認 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【チュニジア襲撃テロ】
「最後までテロとの戦争を戦い抜く」 チュニジア大統領 邦人3人死亡と日本政府確認 

18日、チュニスで博物館襲撃テロに巻き込まれた人々(ゲッティ=共同)

 【カイロ=大内清】チュニジアの首都チュニスのバルドー博物館が武装集団に襲撃された事件で、同国政府は18日夜(日本時間19日未明)、外国人観光客17人を含む19人が死亡、44人が負傷したと発表した。日本政府は邦人の被害として、死者3人、負傷者3人を確認しており、現地の大使館を通じて情報収集を進めている。

 犯行には自動小銃が使われだ。博物館に立てこもった実行犯2人は、突入したチュニジア治安部隊により殺害された。現地の治安当局は、2人の身元確認を進めるとともに、犯行を助けた協力者が2、3人いたとみて行方を追っている。

 事態を重く見たチュニジアのカイドセブシ大統領は18日夜、テレビ演説し、「容赦することなく、最後までテロとの戦争を戦い抜く」と述べ、徹底したテロ対策を行うと強調した。

 事件の被害状況について、チュニジア内務省は一時死者の総数を「22人」と発表。国営メディアは日本人について「死者5人、負傷者4人」とするシド首相の発言を伝えていたが、日本政府関係者は重複集計による間違いだと否定した。

このニュースの写真

  • 「最後までテロとの戦争を戦い抜く」 チュニジア大統領 邦人3人死亡と日本政府確認 
  • 「最後までテロとの戦争を戦い抜く」 チュニジア大統領 邦人3人死亡と日本政府確認 
  • 「最後までテロとの戦争を戦い抜く」 チュニジア大統領 邦人3人死亡と日本政府確認 

「ニュース」のランキング