産経ニュース

【正論】崩壊した対岸の国の「法治主義」 筑波大学大学院教授・古田博司

ニュース 国際

記事詳細

更新

【正論】
崩壊した対岸の国の「法治主義」 筑波大学大学院教授・古田博司

 現代の韓国では法治主義が崩壊し、李朝並みの濫囚・濫刑・濫赦(みだりな逮捕や刑罰・恩赦乱発)に戻りつつある。産経新聞社の加藤達也前ソウル支局長起訴やセウォル号船長の死刑求刑などがそれである。「濫赦の弊」は伝統としてずっと続いてきた。蓄財で逮捕された元大統領や左翼運動で死刑判決を受けた元学生などが平然と出獄し、豊かな老後を送ったり、死刑宣告を勲章に左翼議員として返り咲いたりするのはこのためである。蓋(けだ)し、われわれの海の対岸にいるのはこのような人々であり、別に驚くにはあたらない。(ふるた ひろし)

●=てへんに唐

「ニュース」のランキング