産経ニュース

トイレ安心「多様な性」表示 米ウェストハリウッド市 義務化条例発効

ニュース 国際

記事詳細

更新


トイレ安心「多様な性」表示 米ウェストハリウッド市 義務化条例発効

性同一性障害者や同性愛者らのため、米カリフォルニア大学が設置した「トランス・ニュートラル」用のトイレ。米では性の多様化に対応したトイレが増えている=2014年9月30日、米カリフォルニア大学アーバイン校(ロイター) 性同一性障害者や同性愛者らのため、米カリフォルニア大学が設置した「トランス・ニュートラル」用のトイレ。米では性の多様化に対応したトイレが増えている=2014年9月30日、米カリフォルニア大学アーバイン校(ロイター)

 米国ではこれまで、同性愛者や性同一性障害の人々はトイレで男性用と女性用のどちらを使うべきかといった問題がたびたびクローズアップされてきた。10年にはカリフォルニア州立大学ロングビーチ校のトイレで性同一性障害の男性大学院生が襲われる事件も発生し、物議を醸した経緯もある。

 同性愛者や性同一性障害の人々が多く住むウェストハリウッド市では、トイレが性別で分けられているために精神的身体的な苦痛を受けている人々が増えていることから、性別にこだわらずに使える「ジェンダー・ニュートラル」なトイレの必要性が浮上。昨年6月の定例市議会で今回の条例を可決した。

「拡大のきっかけに」

 条例可決後、市のトランスジェンダーに関する諮問委員会のメンバー、ドライアン・フアレス氏はロサンゼルス・タイムズ紙に「トランスジェンダーの人々を守るために、トイレに関する議論が行われたことに感謝します。ウェストハリウッドは多様な性を持つ人々にとって宝石のような街です」と話した。

 また、条例の制定に動いた女性市議のアビー・ランド氏も、今回の条例について「すべての人が安全に利用できる(トイレの)環境を提供するものだ。他都市に広がるきっかけになってほしい」と意義を強調した。

続きを読む

このニュースの写真

  • トイレ安心「多様な性」表示 米ウェストハリウッド市 義務化条例発効

関連ニュース

ティファニーが男性カップルを広告に起用した訳 同性愛者市場がブランド動かす

「ニュース」のランキング