産経ニュース

【仏紙銃撃テロ】立てこもり「同時」強行突入 容疑者3人殺害、人質4人死亡 アルカーイダ系に「送り込まれた」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【仏紙銃撃テロ】
立てこもり「同時」強行突入 容疑者3人殺害、人質4人死亡 アルカーイダ系に「送り込まれた」

 【パリ=宮下日出男】フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブドの本社が銃撃された事件で、仏捜査当局は9日午後5時(日本時間10日午前1時)ごろ、逃走中の容疑者2人が立てこもっていた北東部ダマルタンアンゴエルの印刷会社に強行突入し、2人を殺害した。直後には、別の容疑者が人質をとったパリ東部ポルトドバンセンヌのユダヤ系食料品店にも突入、容疑者の男と人質4人の死亡が確認された。

 一方、AP通信は9日、イエメンの国際テロ組織アルカーイダ系武装組織「アラビア半島のアルカーイダ(AQAP)」のメンバーの話として、今回のテロを預言者ムハンマドの名誉が汚されたことへの報復として「(AQAPの)指導部が指示した」と報じた。アルカーイダ系組織が関与しているとの見方が強まっている。

 死亡した3容疑者が、事前に連絡を取り合っていた可能性もあり、捜査当局が背後関係などを詳しく調べている。

 印刷会社で殺害されたのは、アルジェリア系フランス人の兄弟、サイド・クアシ(34)、シェリフ・クアシ(32)の両容疑者。食料品店では、アメディ・クリバリ容疑者(32)が殺害された。

 クリバリ容疑者は8日にパリ南郊で女性警官ら2人が死傷した銃撃事件の実行犯とみられる。

 クリバリ容疑者と一緒に行動していたとみられる女性テロリストのアヤト・ブメディアン容疑者(26)は逃走した可能性があり、当局が捜索を続けている。

 2つの立てこもり事件はいずれも9日に発生。捜査当局は3容疑者が連動している可能性があることから、ほぼ同時に突入した。

「ニュース」のランキング