産経ニュース

【仏紙銃撃テロ】犯行の一部始終-編集室で最初に編集長射殺 手際の良さに「軍の特殊部隊かと思った」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【仏紙銃撃テロ】
犯行の一部始終-編集室で最初に編集長射殺 手際の良さに「軍の特殊部隊かと思った」

 仏風刺週刊紙シャルリー・エブドを標的にした銃乱射事件で、犯行グループはアラビア語で「神は偉大なり」と口にしながら、際立つ「手際の良さと冷酷さ」(AP通信)で被害者を次々と撃ち抜いていったとされる。

 欧米メディアの報道を総合すると、犯行グループは7日午前11時半ごろ、現場のビルに到着。全身黒ずくめで顔を隠し、自動小銃を持った実行犯2人が、幼い娘と玄関前にいたイラストレーターの女性にドアを開ける暗証コードを打ち込むよう「完璧なフランス語で脅迫した」という。

 実行犯は受付にいた管理人に「シャルリー・エブドか」と確認し、直後に1人を銃撃で殺害。定例の編集会議が開かれていた2階の編集室に迷うことなく直行し、「神は偉大なり」と叫びながら、編集長とボディーガード役の警察官を最初に殺害した。

 犯行時間は約5分。少ない時間で10人を「預言者ムハンマドの復讐(ふくしゅう)だ」などと叫びながら次々と殺害し、待機していた3人目の男の運転する黒い車で「何事もなかったかのように立ち去った」という。

「ニュース」のランキング