産経ニュース

【本紙前ソウル支局長公判】一時騒然、退廷した前支局長の車に生卵投げつける 韓国保守系団体

ニュース 国際

記事詳細

更新

【本紙前ソウル支局長公判】
一時騒然、退廷した前支局長の車に生卵投げつける 韓国保守系団体

加藤達也前ソウル支局長を乗せた車が抗議デモ団に囲まれ生卵が投げられるなど妨害行為が行われた =韓国・ソウル (大西正純撮影)

 【ソウル=名村隆寛】大統領の名誉が優先か、言論・報道の自由が守られるべきか。産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損(きそん)したとして、罪を問われた裁判の事実上の初公判が27日、開かれた。保守系団体のメンバーらは、法廷で大声をあげて退廷させられたほか、加藤前支局長の乗った車に生卵を投げつけるなど、裁判所の内外は一時騒然とした。

 ソウル中央地裁には、日韓の報道関係者に加え、産経新聞を批判する保守系団体のメンバーら100人以上が集まった。

 外国人記者を法廷に立たせて、名誉毀損の罪に問うという異例の裁判。午前10時の開廷を前に加藤前支局長は入廷。約30席の傍聴席はすでに満席で、約40人が立ったまま傍聴した。

 韓国でも裁判所の敷地内の示威行為は禁止されている。しかし、保守系団体のメンバーらは傍聴席に入り、「加藤達也、韓国国民に謝れ」「加藤を拘束せよ」などと叫び、前支局長非難するプラカードを掲げるなどして、複数の男性が退廷を命じられた。

 加藤前支局長は裁判官や検察の発言にメモを取りながら聞き入り、公判の最後にはっきりした口調で意見陳述を行った。

 公判は1時間あまりで終了したが、団体メンバーらは裁判所を出ようとする加藤前支局長の乗った車を取り囲み、複数の卵を投げつけ、ボンネットに横たわるなどして通行を妨害。「謝罪」を迫る紙を車体に貼り付けて気勢を上げた。

このニュースの写真

  • 一時騒然、退廷した前支局長の車に生卵投げつける 韓国保守系団体
  • 一時騒然、退廷した前支局長の車に生卵投げつける 韓国保守系団体
  • 一時騒然、退廷した前支局長の車に生卵投げつける 韓国保守系団体
  • 一時騒然、退廷した前支局長の車に生卵投げつける 韓国保守系団体
  • 一時騒然、退廷した前支局長の車に生卵投げつける 韓国保守系団体

関連ニュース

【追跡~ソウル発】朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?

「ニュース」のランキング