産経ニュース

マリフアナで潤う 米コロラドでツアー好調、税収34億円 ワシントン州でも

ニュース 国際

記事詳細

更新


マリフアナで潤う 米コロラドでツアー好調、税収34億円 ワシントン州でも

 【ロサンゼルス=中村将】今年1月から娯楽用マリフアナ(乾燥大麻)の販売が認められるようになった米西部コロラド州で、9月までのマリフアナ販売に関連する課税収入が約3千万ドル(約35億円)に上ることが分かった。7月から販売を始めた西部ワシントン州も似たような状況で、両州の財政は娯楽用マリフアナで大きく潤っている。

 コロラド州では来年1年間で4970万ドルの税収を見込む。ワシントン州も2015~17年の間に5120万ドルの税収を期待している。

 コロラド州では、マリフアナに関する観光ツアーも現れた。あるツアーは豪華バスを使って州内の関連施設を周遊。娯楽用マリフアナが販売されている薬局や栽培場などを見学し、昼食はマリフアナ摂取が可能なレストランでとるという。

 また、公共の場でのマリフアナの使用は禁止されているため、喫煙や摂取可能な部屋を用意するホテルや貸別荘なども現れた。

 オレゴン、アラスカ両州も今月4日の住民投票で過半数が娯楽用マリフアナの使用、販売に賛成。コロラド州などの“成功例”にならい、解禁の動きを加速させる公算が大きい。

「ニュース」のランキング