産経ニュース

下落続く原油価格、世界に影響は? 米は恩恵、サウジは価格戦争、露は「三重苦」

ニュース 国際

記事詳細

更新


下落続く原油価格、世界に影響は? 米は恩恵、サウジは価格戦争、露は「三重苦」

 国際的な原油価格の下落が続いている。ニューヨーク・マーカンタイル取引所では、指標となる原油先物価格が6月下旬から5カ月で約3割下落し、13日には1バレル=75ドルを割り込んだ。米国のシェールオイルの増産や、欧州や中国の景気減速による需要の落ち込みなどが背景にある。石油輸出国機構(OPEC)が27日、ウィーンで総会を開くのを前に、加盟国のサウジアラビアや米国、ロシアなどが抱える事情を探った。

 「原油価格の下落は米国にとって減税のようなもの」。欧州系金融機関のアナリストは原油安の恩恵をこう説明する。自動車社会の米国では、原油安はガソリン価格の下落を通じ、国民生活にプラスの影響を与えるからだ。

 ガソリンの全米平均価格は20日時点で1ガロン=2・85ドルと約4年ぶりの低水準にある。1セント下がるだけで米国全体で年間10億ドル(約1180億円)の節約になるとの試算もあり、経済界では消費者がガソリン代以外にお金を使う余裕が増すとの期待が高まる。

 世界的な原油安の背景にあるのは米国自身のシェールオイル増産だ。米国の2013年の原油生産量はオバマ大統領就任前の08年の1・5倍となった。14年も前年比約15%増で推移している。

 オバマ氏は中間選挙の応援演説で、「この20年で初めて輸入量よりも多くの石油を生産している」と繰り返し、米国が原油の自給に向かっていることをアピールした。

このニュースの写真

  • 下落続く原油価格、世界に影響は? 米は恩恵、サウジは価格戦争、露は「三重苦」

「ニュース」のランキング