産経ニュース

【再掲・記者訴追 韓国に問う】女優・黒田福美さん 政権の反日 韓国国民も疑問符

ニュース 国際

記事詳細

更新

【再掲・記者訴追 韓国に問う】
女優・黒田福美さん 政権の反日 韓国国民も疑問符

 加藤達也前ソウル支局長(現東京本社社会部編集委員)が在宅起訴されたことを聞き、ここまでやったかと唖然(あぜん)とした。

 昭和59年に初めて韓国を訪れて以来30年、日韓両国の番組のリポーターを務めるなど日韓の懸け橋になれればと活動してきた。その間、日韓の衝突は幾度もあったが、報道で伝えられる過激な内容と実際の国民感情にはかなりの温度差があることを実感し、実情を伝えようと努力してきた。

 だが、今回ばかりは事情が違う。これまでの政権は一部の過激な市民団体の示威行動を「民意」として反日を展開してきたが、今は朴槿恵(パク・クネ)大統領自らが反日的姿勢をあらわにしている。

 振り返れば日韓関係も良好な時期があった。日本文化開放、W杯共催、そして韓流ブーム。韓国の経済が好調だったことも手伝って、日本を寛容に受け入れる余裕も生まれ、「日流」という日本文化が韓国でもブームになるという流れさえ生じた。

 先日、韓国でタクシーに乗ったときにも、運転手さんが「私たちは仲良くしたいのにトップがね…」って話していた。もちろん互いにすべてを良しとすることはできないだろうが、互いに長所短所を認めあえる冷静さは備わったと思う。

「ニュース」のランキング