産経ニュース

ミャンマー戦没者遺骨調査 少数民族側「恩返し」 陰に和平奔走の日本人   

ニュース 国際

記事詳細

更新


ミャンマー戦没者遺骨調査 少数民族側「恩返し」 陰に和平奔走の日本人   

 戦後70年を約2年後に控え、ミャンマーに眠る日本人戦没者の遺骨収集活動が大きく動き出そうとしている。長期にわたる内戦のため調査が手つかずだった少数民族の支配地域から日本側に協力の打診があったのがきっかけだ。背景には、ミャンマー政府と少数民族勢力間の和平実現に奔走する日本人の存在があった。

 福岡県朝倉市の寺院の副住職だった井本勝幸氏(48)が、ミャンマー和平支援のため少数民族地域に単身飛び込んだのは2011年1月。

 これまでタイ・カンボジア国境の難民支援などに関わった経験もあり、ミャンマー国内の紛争に心を痛めていた。利害関係がない第三者の立場を生かして各勢力の指導者を訪ね歩き、主要11少数民族勢力でつくる「統一民族連邦評議会(UNFC)」の同年創設と発展に貢献した。

 少数民族側は今月、UNFC未加盟の勢力も含め北部カチン州ライザで会合を開き、政府側が示した全土停戦提案への対応を協議。全グループが同一歩調を取ることで合意した。その後の政府側との交渉はまとまらなかったが、12月に両者は再びテーブルに着く。

 井本氏はUNFCの相談役として和平交渉に深く関わり、農場経営などの民生支援も行っている。少数民族の各勢力には、仏教徒のほかキリスト教徒やイスラム教徒もいるため、28歳で出家した井本氏だが仏教徒の立場を捨てた。タイの寺院で「ミャンマー和平が実現するまで僧侶の立場を辞す」と誓ったという。

「ニュース」のランキング