産経ニュース

【朝鮮半島ウオッチ】大統領訪朝で注目のモンゴルと北朝鮮の複雑怪奇な関係

ニュース 国際

記事詳細

更新

【朝鮮半島ウオッチ】
大統領訪朝で注目のモンゴルと北朝鮮の複雑怪奇な関係

 エルベグドルジ・モンゴル大統領訪朝の内幕に熱い視線が集まっている。日本の安倍晋三首相と大統領の親密な関係を背景に日本人拉致問題に関する仲介に期待や、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物再入札で登場したモンゴル企業の存在で、日本→モンゴル→北朝鮮の「点と線」が急浮上したがその実態はナゾが多い。一体、モンゴルと北朝鮮はどんな関係なのか?(久保田るり子)

 モンゴルは密輸基地? 工作員指令やマネーロンダリング疑惑も

 9月中旬にモンゴル入りして北朝鮮との関係を調査した宮塚利雄・山梨学院大教授によると「今夏も今秋もモンゴルは対北食糧援助を行った。ウランバートル市内の建設現場に北朝鮮の労働者が急増中だ。北朝鮮は経済関係の強化を求めているようだがモンゴル側は『あえて貿易というようなモノもない』としており彼らには政治的な意味合いが大きいようだ」という。

 モンゴルと北朝鮮は今年9月で国交樹立65周年を迎えた。北朝鮮によっては建国(1948年)直後に国交を結んだ旧ソ連に次いで古い友人、正確にはスターリン時代の衛星国だったという兄弟関係だ。

 冷戦崩壊でモンゴルは1990年に民主化し韓国と修好したため、北朝鮮との関係は悪化した時期もあるが、11年前に修復し友好協力議定書を交わしている。首都ウランバートルには韓国、北朝鮮の大使館があり、モンゴルでの“南北接触”も多い。

「ニュース」のランキング