ロシアのダイヤ鉱山水没、生産量は世界有数 作業員9人が不明

 
事故があったロシア・サハ共和国のミール鉱山(ロイター)

 世界有数のダイヤモンド生産量を誇るロシアの東シベリア・サハ共和国ミールヌイの鉱山で4日、水没事故が発生し、非常事態省によると9人の作業員が行方不明になった。

 当時、現場周辺には150人前後の作業員がいた。同省が行方不明者の捜索と原因の調査を続けている。

 事故があったのは、ロシア国営の「アルロサ」が所有するミール鉱山。水没したのは地下の坑道付近とみられる。(共同)