産経ニュース

写真詳細 - 産経ニュース

WIRED WIRED

再生可能エネルギーだけで世界一周を目指す双胴船 その航海を支える技術の舞台裏

更新 再生可能エネルギーだけで世界一周を目指す双胴船 その航海を支える技術の舞台裏

ヴィクトリアン・エルサールとジェローム・ドゥラフォスが乗り込んだ「エナジー・オブザーヴァー」は、化石燃料を一切使わずに世界一周する航海を続けている。プロジェクトはトヨタ自動車の欧州統括会社であるトヨタモーターヨーロッパなどが支援している。PHOTOGRAPH COURTESY OF TOYOTA MOTOR EUROPE

ニュース写真

  • 17年6月に始まったエナジー・オブザーヴァーの旅では、6年がかりで50カ国を巡り、101回の寄港を行う予定だ。これまでの航行距離はすでに7,000海里(約13,000km)に達している。フランス沿岸部の港湾都市を巡って、現在は地中海を航行中だ。PHOTOGRAPH COURTESY OF ENERGY OBSERVER
  • 船体の後部両側には泡立て器のような形をした縦型の風力タービンがある。PHOTOGRAPH COURTESY OF TOYOTA MOTOR EUROPE
  • 電解槽で水を水素と酸素に分解。酸素は大気中に放出し、水素は、アルミニウムと炭素繊維でできた8個のタンクに蓄える。PHOTOGRAPH COURTESY OF TOYOTA MOTOR EUROPE
  • 白い双胴船の水平面のほぼすべてはソーラーパネルで覆われている。総面積は1,400平方フィート(約130平方メートル)だ。PHOTOGRAPH COURTESY OF TOYOTA MOTOR EUROPE
  • 17年6月に始まったエナジー・オブザーヴァーの旅では、6年がかりで50カ国を巡り、101回の寄港を行う予定だ。これまでの航行距離はすでに7,000海里(約13,000km)に達している。フランス沿岸部の港湾都市を巡って、現在は地中海を航行中だ。PHOTO: AURELIEN MORISSARD/IP3/GETTY IMAGES