産経ニュース

中国の宇宙開発には協力すべき? 欧米の科学者たちの悩ましい選択

WIRED WIRED

記事詳細

更新


中国の宇宙開発には協力すべき? 欧米の科学者たちの悩ましい選択

 宇宙探査の分野で年々その存在感を増している中国。NASAは情報漏えいへの懸念から彼らとの協力を拒んでいるが、欧米の一部には中国のプロジェクトを手伝っている科学者もいる。研究促進のための協力か、リスクを抑えるための非協力か--。その選択は割れているようだ。

PHOTO:NASA/JPL-CALTECH PHOTO:NASA/JPL-CALTECH

フランスのトゥールーズ近郊にある防塵室で、モーリス・シルヴェストゥルは「SuperCam」と名づけられた装置を指さした。

長身で茶髪、スクエアフレームのメガネにコーデュロイのジャケットという姿の彼は、1980年代半ばごろのマイケル・ケインのようだ。ケインが俳優ではなく宇宙物理学者(かつフラン人)だったらの話だが。

ただし、いまこの部屋にいる彼を見てもケインに似ているかどうかはわからない。ヘアネットを被り、高密度ポリエチレン不織布でできたタイベック製の防護服に身を包んでいるからだ。このような装備は、彼の装置の超平滑表面を傷つける可能性のあるホコリや皮膚片、ごみを排除するために不可欠なのである。

米国と中国のプロジェクトに同時に協力

換気装置の排気フード下に置かれたSuperCamは、金色のケースの中でかすかに光っている。

SuperCamはカメラやレーザー、分光計を使って火星の地表を調べるために設計された機器だ。火星における古代生命の発生に関係あるかもしれない有機化合物を見つけられれば、という期待がかけられている。

大きさは電子レンジほどで、重さは12ポンド(約5.5キロ)。2年後には火星探査機「Mars 2020(マーズ 2020)」[日本語版記事]に載せられて打ち上げられることになっている。米航空宇宙局(NASA)が他機関と共同開発しているMars 2020は、宇宙船と着陸機と惑星探査車を組みあわせた探査機であり、長期間活動している「キュリオシティ」の後継機にあたる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国の宇宙開発には協力すべき? 欧米の科学者たちの悩ましい選択