産経ニュース

新型iPhoneも「超高額」になるが、それでも誰もが購入する

WIRED WIRED

記事詳細

更新


新型iPhoneも「超高額」になるが、それでも誰もが購入する

アップルの発表イヴェントが9月12日に行われることが決まった。ここで発表されるiPhoneの新モデルも、おそらく「iPhone X」と同様に超高額になることが予想される。だが、それでも消費者が殺到すると確信できる理由が、これだけある。

TEXT BY KATIA MOSKVITCH

TRANSLATION BY CHIHIRO OKA

WIRED(UK)

2017年9月12日に「iPhone X」が発表されてから、早くも1年が経とうとしている。PHOTO: QI HENG/VCG/GETTY IMAGES 2017年9月12日に「iPhone X」が発表されてから、早くも1年が経とうとしている。PHOTO: QI HENG/VCG/GETTY IMAGES

長蛇の列。折りたたみ椅子に寝袋。近場のカフェで買ってきたコーヒーやホットチョコレート。10年以上前から、毎年変わらず繰り返されている光景だ。2007年6月29日、人々は世界を変えるデヴァイスを手に入れるために列に並び、辛抱強く待っていた。初代「iPhone」だ。

アップルはこの年に100万台以上のiPhoneを売り上げた。販売台数は翌年には1,000万台に跳ね上がり、初代の発売から11年を経た今年になってもまったく衰えを見せていない。

iPhoneの販売はいまや年間2億台を超える。昨年は2億1,580万台で、今年も確実に増加するだろう。業界アナリストでアップルの情報通としても知られるホレス・デディウは、iPhoneを「歴史上最も成功した製品」と呼ぶ。

スマートフォンを発明したのはアップルではなく、ノキアだ(エリクソンという意見もある)。携帯電話にカメラや音楽プレーヤー機能を付けたのも、アップルが初めてではない(この栄誉はサムスンのものだ)。しかしアップルは、ハードウェアとソフトウェアを完璧に統合し、両方の魅力を引き立てながら使いやすくかつ便利にした最初の企業だ(iPhoneは発売から2年間はコピー&ペーストすらできなかったことには目をつぶろう)。

世界シェアから見れば、スマートフォン市場を主導するのはサムスンである。だが、アップルは販売額と利益率の覇者という、より価値のある称号を手にしている。新型iPhoneの発表イヴェントは9月12日に開かれることが決まったが、次期モデルによりアップルの足場はさらに強固なものとなるだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 新型iPhoneも「超高額」になるが、それでも誰もが購入する