産経ニュース

体脂肪が体重を減らす? 新たな減量のメカニズム、米大学の研究チームが発見

WIRED WIRED

記事詳細

更新


体脂肪が体重を減らす? 新たな減量のメカニズム、米大学の研究チームが発見

ミトコンドリアにはグルコースや脂肪のような、燃料をエネルギーに変換する働きがある。褐色脂肪の場合は、脂肪やほかのエネルギー源を燃焼させて、熱を産生する手助けをしてくれる。

これまで褐色脂肪を活性化させる最も簡単な方法は、身体を低温にさらすことだとされてきた。褐色脂肪による熱産生は筋肉の震え(シヴァリング)と並ぶ、体温調節の主な方法だ。ところが、『Nature』誌に新しく発表された研究によると、コハク酸塩を利用したもうひとつの方法が発見されたという。

発見したのは、米ハーヴァード大学医学大学院の細胞生物学助教授で、ボストンにあるダナ・ファーバー癌研究所の癌生物学助教授であるエドワード・シュシャーニが率いる研究チームだ。「これらの細胞がもつ治療効果を活性化させる方法は、驚くほど手軽で扱いやすいものです」と、シュシャーニは説明している。

鍵を握る活性酸素の存在

コハク酸塩とは、褐色脂肪に見られるようなミトコンドリア内で産生されるもので、トリカルボン酸回路との中間生成物だ。トリカルボン酸回路は「TCAサイクル」「クエン酸回路」「クレブス回路」とも呼ばれ、細胞に化学エネルギーを生み出す反応を意味する。自動車や電子機器に用いるポリマーの生成など、工業分野で用いられている。

ほかにも、食品の人工調味料やpH調整剤に利用されることもある。「この分子の面白いところは、その手軽さにあります」とシュシャーニは言う。「サイズがとても小さく、少額ですぐに入手できて、非常に安上がりなんです」

シュシャーニの研究チームは、熱産生の間にどのような代謝物質が褐色脂肪細胞のなかに現れるかを、マウスを使って分析した。TCAサイクルで生成される、さまざまな化学物質などがこれに当たる。

その結果、細胞内には特に低温の環境下で、多くのコハク酸塩が見られることがわかった。加えて体内を流れる血液から、コハク酸塩分子をさらに集めるという、驚きの能力があることも発見した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 体脂肪が体重を減らす? 新たな減量のメカニズム、米大学の研究チームが発見