産経ニュース

コアラの全ゲノム配列を解読完了 絶滅危機から救う遺伝学的プロジェクト

WIRED WIRED

記事詳細

更新


コアラの全ゲノム配列を解読完了 絶滅危機から救う遺伝学的プロジェクト

有毒な植物を消化できる遺伝的な仕組みを解明

ユーカリだけの食生活で生きているコアラは、毒素を分解する特殊な酵素を備えており、さらに尿を通して毒素の排出を行なっていると研究者たちは考えている。こうした酵素は、コアラが長い歴史のなかで進化させてきた遺伝子によって制御されている。

「コアラの解毒能力は、これまでゲノムが解読されたほかのすべての動物を上回っています」と語るのは、2018年7月2日付で学術誌『Nature Genetics』に掲載された研究論文の筆頭著者である、保全遺伝学者のレベッカ・ジョンソンだ。

コアラゲノムの27,000個の遺伝子のなかから、どうやって酵素の制御にかかわるものを見つけるのだろう? すべての生物は数十億年前に誕生した単一の共通祖先の子孫であり、縁戚関係にある。わたしたちはみな共通の遺伝子を保有しつつ、生命の系統樹の異なる枝に分岐していったのだ。

ショウジョウバエでさえ、コアラやヒトと同じ遺伝子をもつ。研究者たちはかなり前から、実験室でショウジョウバエの遺伝子にあれこれ細工を施し、スイッチのオンオフをいじって、さまざまな形質を発現させてきた。「このため、ショウジョウバエではノックアウトされていて致死的であったり、発達に深刻な影響を及ぼしたりする遺伝子であっても、ほかの生物に外挿することができるのです」と、ジョンソンは言う。

研究者たちはこのようにしてコアラゲノムを精査し、ほかの哺乳類にとって有毒な植物を消化できる遺伝的な仕組みを解明した。鍵を握るのは、シトクロムP450と呼ばれる遺伝子群だった。これらの遺伝子は、長い間にわたってコアラを助けてきたが、いまや宅地や高速道路の開発により、コアラの個体群は物理的にも遺伝的にも分断されている。

「解毒能力は、異なる環境に特化しているかもしれません。もしそうなら、その遺伝子は種の存続に大きくかかわります」と、ジョンソンは言う。例えば、コアラの個体群をより適した環境に移住させたつもりが、遺伝的な理由でその土地のユーカリを消化できない、といった問題が生じかねない。

続きを読む

このニュースの写真

  • コアラの全ゲノム配列を解読完了 絶滅危機から救う遺伝学的プロジェクト