産経ニュース

アマゾンがプライムデーで最も売りたいもの、それは「Amazonプライム」だった

WIRED WIRED

記事詳細

更新


アマゾンがプライムデーで最も売りたいもの、それは「Amazonプライム」だった

今年も大盛況に終わったアマゾンの「プライムデー」は、消費者の購買行動を変えるほど巨大なセールへと急成長した。アマゾンはプライムデーを開始からたったの3年で、いかに毎年恒例のお祭り騒ぎへと進化させたのか。見えてきたのは、アマゾンがプライムデーに売っているのは商品というよりも、セールへのチケットでもある有料会員プラン「Amazonプライム」そのものであることだった。

TEXT BY KATIA MOSKVITCH

TRANSLATION BY ASUKA KAWANABE

WIRED (UK)

PHOTO: OLI SCARFF/GETTY IMAGES PHOTO: OLI SCARFF/GETTY IMAGES

アマゾンにとって「プライムデー」は強力なマーケティングツールだ。アマゾンの有料会員プランである「Amazonプライム」の会員数は1億人を突破しているが、その約16パーセントはプライムデーを利用するためだけに会員登録を行っているという。

昨年のプライムデーには、全会員の32パーセントが物を購入している。注文数は前年比50パーセント増を記録しており、1日あたりの新規登録者数も過去最多だった。いずれも小売コンサルタントのグローバルデータによる調査結果だ。

ほんの3年前に始まったショッピングイヴェントとしては、悪くない数字だ。プライムデーが始まったのは、アマゾンがサーヴィス開始から20周年を迎えた2015年である。そこから毎年の恒例行事となったプライムデーは、アマゾンにとってブラックフライデーやクリスマス前のサイバーマンデーを優に超える最大の“お祭り”になっているのだ。

プライムデーはアマゾンにとって、プライム会員獲得のための「攻めの」マーケティングツールでもある。

「アマゾンがプライムデーに売っているのは、Amazonプライムそのものなのです」と、Enders Analysisのマッティ・リッツネンは言う。さらに、数カ月間隔でやってくるプライムデー、ブラックフライデー、クリスマスのタイミングは、「プライム会員を継続するいい理由になります」と彼は付け加えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • アマゾンがプライムデーで最も売りたいもの、それは「Amazonプライム」だった