産経ニュース

ポルシェ“本気”のレースカー、35年ぶりドイツのコースの記録更新(動画あり)

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ポルシェ“本気”のレースカー、35年ぶりドイツのコースの記録更新(動画あり)

 ポルシェのレースマシン「919 Hybrid Evo」が、ドイツのニュルブルクリンクのコースで35年ぶりとなる記録更新を打ち立てた。ル・マンを闘ったレースカーを「本気」でポルシェが改造したマシンは、いかに快挙を成し遂げたのか。走行中の勇姿を、写真と動画でご覧いれよう。

PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE

これはもう神がかりとしか言いようがない。ロマン・デュマが山岳自動車レースの「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」で新記録を出した5日後に、今度はデュマの元チームメイトのティモ・ベルンハルトが、ニュルブルクリンクのコースで35年ぶりとなる記録更新を打ち立てたのだ。

ベルンハルトが運転するポルシェのレースマシン「919 Hybrid Evo」は、全長12.9マイル(20.832km)のノルトシュライフェ(北コース)で行われたタイムトライアルで、5分19秒55のコースレコードを6月29日に樹立した。これまでの記録は、いまは亡きシュテファン・ベロフが1983年5月28日に叩き出した6分11秒13で、これが破られることはないだろうと言われていたのだ。

ニュルブリクリンクは1927年の開設以来、ドイツグランプリのコースとして使われていた。しかし、マシンの高速化に伴いこのコースはF1には危険すぎるとみなされ、グランプリの開催地はホッケンハイムに移った。

PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE

続きを読む

このニュースの写真

  • ポルシェ“本気”のレースカー、35年ぶりドイツのコースの記録更新(動画あり)
  • ポルシェ“本気”のレースカー、35年ぶりドイツのコースの記録更新(動画あり)
  • ポルシェ“本気”のレースカー、35年ぶりドイツのコースの記録更新(動画あり)
  • ポルシェ“本気”のレースカー、35年ぶりドイツのコースの記録更新(動画あり)
  • ポルシェ“本気”のレースカー、35年ぶりドイツのコースの記録更新(動画あり)
  • ポルシェ“本気”のレースカー、35年ぶりドイツのコースの記録更新(動画あり)
  • ポルシェ“本気”のレースカー、35年ぶりドイツのコースの記録更新(動画あり)