産経ニュース

“自律走行”スーパーカー、仮設のヒルクライムコースを初の無人完走(動画あり)

WIRED WIRED

記事詳細

更新


“自律走行”スーパーカー、仮設のヒルクライムコースを初の無人完走(動画あり)

 英国で開催された世界的なモータースポーツの祭典「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、自律走行車が初めて仮設のヒルクライムコースを完走した。参戦したロボレースの自律走行スーパーカー「ロボカー」は、いかに状況が読みにくい仮設のコースを無人で走り抜けることに成功したのか。

フェラーリなどの名車が一堂に会するレースイヴェント「グッドウッド・フェスティヴァル・オヴ・スピード」に、ロボレースが開発した自律走行車「ロボカー」も参加。「このクルマが姿を見せたら、人々は間違いなく興奮するでしょう」と同社の副最高経営責任者(CEO)は語っていた。PHOTOGRAPH COURTESY OF ROBORACE フェラーリなどの名車が一堂に会するレースイヴェント「グッドウッド・フェスティヴァル・オヴ・スピード」に、ロボレースが開発した自律走行車「ロボカー」も参加。「このクルマが姿を見せたら、人々は間違いなく興奮するでしょう」と同社の副最高経営責任者(CEO)は語っていた。PHOTOGRAPH COURTESY OF ROBORACE

年に一度、英国のウェストサセックスにある大邸宅のグッドウッドハウスは、排気ガスのにおいとエンジンの音に包まれる。そして、邸宅を囲む緑豊かな敷地は、興奮した様子でさまざまな名車を見つめる10万人に上る人々で埋め尽くされるのだ。

彼らがここにやって来るのは、第11代リッチモンド公爵チャールズ・ゴードン=レノックスが、自身の所有するこの広大な敷地を数日間開放し、「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」を開催するからだ。このイヴェントを見に来た人は、モーターレーシングの歴史、伝統、そして未来を知ることができる。

姿を現した無人の自律走行スーパーカー

7月12日から15日にかけて開催された2018年のグッドウッドでは、スーパーカーやハイパーカー、それにレーシングカーだけでなく、車高の低い真っ黒なクルマが注目を集めた。イヴェントでは敷地内の道路が全長1.16マイル(約1.87km)のヒルクライムコースに改造され、そこをこのクルマはほとんど音を立てることなく駆け上がろうとしていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • “自律走行”スーパーカー、仮設のヒルクライムコースを初の無人完走(動画あり)