産経ニュース

サッカーW杯で賛否両論 「VAR」によるビデオ判定導入の舞台裏

WIRED WIRED

記事詳細

更新


サッカーW杯で賛否両論 「VAR」によるビデオ判定導入の舞台裏

 サッカーの「ヴィデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」制度が、ワールドカップ(W杯)として初めてロシア大会で完全導入された。VARは正確な判定に役立つとして肯定的に受け止められているものの、試合の中断などで批判の対象にもなっている。いったいどのような経緯で、どんな実績をもって導入が決まったのか。その舞台裏を探った。

ヴィデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)のオペレーションルームはモスクワにある。PHOTOGRAPH COURTESY OF FIFA

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で話題を集めているのが、「ヴィデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」制度の導入だ。初めて実際に使われたのは、6月15日に行われたグループBのスペインーポルトガル戦だった。前半24分にスペインのジエゴ・コスタがポルトガルのぺぺと接触し、ぺぺは地面に倒れたがコスタはそのままゴールを決めた。

試合は1ー1の同点になったが、主審のジャンルカ・ロッキはヘッドセットでVARに連絡を取った。試合会場のソチから1,620km離れたモスクワでは、ヴィデオルームにいる補助審判が映像を見てファウルがなかったことを確認する。そしてコスタのゴールが確定した。

しかし、ポルトガル代表チームの監督フェルナンド・サントスは試合後に「明らかにファウルだった」と語気を強めた。コスタ本人ですら、「あとから映像を見たけれど、ファウルを取られても文句は言えなかったと思う。審判の解釈次第だろうね」と認めている。

コスタはVARについて「正直、気に入らない」と言う。「ゴールは決めたけど、複雑な気分になる。微妙なプレイがあると手放しで喜ぶ気にはなれないし、バカみたいに見えることもあるので」と語った。

続きを読む

このニュースの写真

  • サッカーW杯で賛否両論 「VAR」によるビデオ判定導入の舞台裏