産経ニュース

ドローン感覚で操れる「空飛ぶクルマ」 グーグルの共同創業者が考える未来の移動手段(動画あり)

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ドローン感覚で操れる「空飛ぶクルマ」 グーグルの共同創業者が考える未来の移動手段(動画あり)

「1時間弱で飛べるようになりますよ」と、キティーホークの最高経営責任者(CEO)であるセバスチャン・スランは、最近公開された動画のなかで語っている。スランは10年ほど前に、グーグルの自律走行車プロジェクトを開始した人工知能(AI)のパイオニアである。

キティホークの社員たちは、ネヴァダ州にあるラス・ヴェガス湖で1,000回以上のテスト飛行を行ってきたという。いまは、ビジネスパートナーや購買を促進してくれそうなインフルエンサーたちに飛行を試してもらっているところだ。

フライヤーは、湖畔の家で暇な時間を過ごしている金持ちたちと並んで、広大な敷地をもつテーマパークなどにも届けられるだろう。自分用に1台買うのは難しくても(価格は未定)、乗ることはできるかもしれない。

空飛ぶクルマ通勤への第一歩

スランにとって、これはただの出発地点だ。彼は都市部の渋滞の解決策として、通勤客に垂直方向の移動を可能にする空飛ぶクルマのコンセプトをいろいろと出している。

「住宅が密集した地域に住む人々にとって、根本的なゲームチェンジャーになるでしょう」。スランは17年の「Backchannel」の取材に対してそう答えている。

続きを読む

このニュースの写真

  • ドローン感覚で操れる「空飛ぶクルマ」 グーグルの共同創業者が考える未来の移動手段(動画あり)
  • ドローン感覚で操れる「空飛ぶクルマ」 グーグルの共同創業者が考える未来の移動手段(動画あり)