産経ニュース

太陽系に未知の惑星「プラネット・ナイン」が存在する? 相次いで公表された“証拠”の真偽

WIRED WIRED

記事詳細

更新


太陽系に未知の惑星「プラネット・ナイン」が存在する? 相次いで公表された“証拠”の真偽

 太陽系の奥深くには、知られざる惑星が存在しているという説がある。「プラネット・ナイン」と呼ばれるこの惑星は地球の10倍もの質量をもっており、その存在を裏づける証拠が次々に見つかっているという。その存在可能性を改めて検証した。

PHOTOGRAPH COURTESY OF OLENA SHMAHALO/QUANTA MAGAZINE PHOTOGRAPH COURTESY OF OLENA SHMAHALO/QUANTA MAGAZINE

2016年初め、ふたりの惑星科学者が新たな説を主張した。太陽系の奥深く、冥王星の軌道よりもはるか彼方に、幽霊のような惑星が隠れているというのである。

ふたりの主張は、冷たく広大な宇宙における奇妙な軌道を根拠としていた。それが発表されるや否や、いわゆる「プラネット・ナイン」--地球の10倍の質量をもつと推定される惑星--の発見をめぐる論争に火がついた。

「まさに吸い寄せられるほどの魅力があります」と、イェール大学の天文学者、グレゴリー・ラフリンは語る。「この太陽系に地球の10倍の質量をもつ惑星が見つかったなら、ほかとは比較にならないほどの重要な科学的発見になるでしょう」

現在、複数の天文学者から非常に奇妙な軌道をもつ天体--おそらく準惑星に相当するくらいの大きさ--を、はるか遠い宇宙に発見したという報告がされている。この軌道の異常性から考えて、プラネット・ナインの影響を受けている可能性があるという。

この天体は、カリフォルニア工科大学の天文学者、コンスタンティン・バティギンマイケル・ブラウンの出した予測を裏づけるものだ。プラネット・ナインの存在を初めて主張したのが、このふたりである。

「プラネット・ナインが存在する直接の証拠にはなりません」と、ミシガン大学の天文学者で新たな論文の共著者でもあるデヴィッド・ゲルデスは言う。「しかし、このような天体が太陽系に存在することは、プラネット・ナイン存在説をさらに強く後押しすると思います」

続きを読む

このニュースの写真

  • 太陽系に未知の惑星「プラネット・ナイン」が存在する? 相次いで公表された“証拠”の真偽