産経ニュース

量子コンピューターの「米中競争」が過熱 競り合うグーグルとアリババは量子超越性を達成できるか

WIRED WIRED

記事詳細

更新


量子コンピューターの「米中競争」が過熱 競り合うグーグルとアリババは量子超越性を達成できるか

 量子コンピューターの技術を巡り、グーグルとアリババの競争が過熱している。独自のチップを開発してきたグーグルが世界初の「量子超越性」の指標達成が近いと主張する一方で、アリババはその可能性を否定して自らの技術が優れていると言う。コンピューティングを新たな段階に引き上げる新技術の競争--。その最前線に迫った。

アリババ・グループ・ホールディングの会長、ジャック・マー。PHOTO: QILAI SHEN/BLOOMBERG/GETTY IMAGES アリババ・グループ・ホールディングの会長、ジャック・マー。PHOTO: QILAI SHEN/BLOOMBERG/GETTY IMAGES

グーグルの量子コンピューター研究者たちは、パーティーの準備を進めてきた。しかし、中国のアリババ(Alibaba)のチームが出した新たな結果によって、それは延期になるかもしれない。

物理学の最前線で繰り広げられる米中企業の争い。それは信じがたいパワーをもつ新型コンピューターの開発を目指す、国家・企業間の競争の激化を反映したものといえるだろう。

今年3月、「ブリストルコーン(Bristlecone)」と名づけられたグーグルのコンピューターチップがヴェールを脱いだ。これはコンピューティングにおいて新たな金字塔を打ち立てるべく開発されたものである。

グーグルによれば、これは従来のコンピューターの能力ではなしえなかった計算を可能にする、初めての量子コンピューティングシステムになりえる。つまり、「量子超越性(quantum supremacy)」と呼ばれる指標を超えるかもしれないということだ。研究グループのリーダーであるジョン・マルティニスは2017年に行った予測を更新し、今年中にそれが実現できる可能性が出てきたとしている。

ところが、アリババの量子コンピューター研究者たちの出した新たな結果によって、グーグルの発表したブリストルコーンのプランでは量子超越性が達成できない可能性が出てきたのだ。ブリストルコーンではまだエラーレートが高いと彼らは主張している。

グーグルの研究グループでリーダーを務めるセルジオ・ボイクソは、「この研究結果は尊重しているが、論文の結果には『数々の問題』がある」と、『WIRED』US版に電子メールで説明している。一方で、この結果を注目すべきものと考える人たちもいる。「ゴールの位置が変わったのです」と、南カリフォルニア大学(USC)教授のアイテイ・ヘンはいう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 量子コンピューターの「米中競争」が過熱 競り合うグーグルとアリババは量子超越性を達成できるか