産経ニュース

海を漂う「マイクロプラスティック」が、大型の海洋生物に危険をもたらす

WIRED WIRED

記事詳細

更新


海を漂う「マイクロプラスティック」が、大型の海洋生物に危険をもたらす

 海洋を汚染するマイクロプラスティックは生態系全体に影響を与えている。なかでも特に、プランクトン類を濾過して食べるクジラやマンタ、ジンベエザメなど大型の生物に及ぼす影響が懸念されている。

PHOTOGRAPH BY AUDUN RIKARDSEN/UNFORGETTABLE UNDERWATER PHOTOGRAPHY/NHM

カリフォルニア州からハワイまでの太平洋には、太平洋ゴミベルト[日本語版記事]と呼ばれる海域がある。海流により、80,000トンのプラスティックごみが集積したところだ。フランスの3倍の広さとされる海域に、記録されたなかで最高の密度でプラスティックごみが集まっている。今年3月下旬に発表された論文によると、その量は、これまで考えられていた量の16倍にも上る。

こうした「ゴミベルト」をはじめ世界中の海で問題になっているのが、マイクロプラスティックと呼ばれる、5mmより小さいプラスティックごみだ。それを食べた魚の消化管は詰まり、発育は阻害され、死に至る。そしてそれは食物連鎖で、魚を食べた生物へと受け継がれていくのだ。

現在、北極に浮かぶ海氷にも、記録的なレヴェルのプラスティックが閉じ込められていることがわかってきている。そのほとんどは太平洋から流れてきたものだ。つまり、マイクロプラスティックは世界中の海面に遍在している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 海を漂う「マイクロプラスティック」が、大型の海洋生物に危険をもたらす